--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Wed.

  

訪問者様、日々のご閲覧、いつもありがとうございます。

オンラインゲーム PSO2 に関しまして
長期にわたる休止・引退とさせていただくことにしました。

共に冒険等していただいた知人の皆様、そのご友人の皆様
その他大勢関わっていただいた皆様に深く感謝を申し上げます。

尚、このブログに関しましては
今後、違った形での記載をと考えております。
ですが、次第にもよりますが途中、断念することも予想されます。

引き続き、ご愛読なさっていただいている方々には
その日までのお付き合い、どうぞ宜しくお願い致します。



















































これを発見したということは、よっぽど勘が鋭い人か物好きな人か...

正直言うと、もう戻らない覚悟はしている。
そのため、完全に決別するよう、ゲームのアンインストール
お気に入りに登録している知人のブログ・チームHPは
既に削除済みにしている。
アカウントとキャラは勿体ないという理由から
そのままに。
戻らないと決意しておきながら、ふと戻ってしまうかもしれないから。
ハックされてしまったらそれはそれで。

なぜ、こういう決意をしたか?

理由はいくつかある。

課金を自分で思った以上にしてしまうから。

3,4割程度がこれに該当するだろう。
ゲーム内での金が尽きかけてくると、すぐに
これに頼ってしまっていて、気が付けば
自分で決めていた範囲よりも多く費やしていた。
酒や煙草同様、止められなければ元を断つまで。



飽くまでもな私的な考えだが
その疑心がほぼ確信に変わったから。

一番はレアドロップに関してだろう。
具体的な根拠は言えないが
ID説がどうのこうのという話はどうでもいい。
ただ「出る人にだけは出る」。この一言に尽きる。
ネット内でも似たような言葉だ。
もちろん、何千回何万回潜っても出ない人は出ないこと
時間がある人に分があるという話にも一理ある。
装備等に金をかけている、有名ブロガーである、ゲーム内に
フレンドが多い、☆12、13の装備の所有者の多くが
IDの左2桁が「10」「11」となっている。
色々と可能性を考えた。

だけど、これらを元に出した結論が
「オカルト的な何かが備わった人にしか出ない。
 科学では証明できないような運の持ち主。」
このような類の人にしか微笑まないんだと。

もちろん、ただの「運」の要素でしかないだろう。
それこそ麻雀でいう「流れ」みたいなものだ。
来るときは来るし、来ない時は何をやっても来ない。

知人のブログをお気に入りから外した理由も
そういった報告を見るのが嫌になったから。
自分もいくつか出していたらそんな気持ちにはならなかっただろう。

今回の期間報酬に期待しすぎていた分が大きかったのかもしれない。
他の人に比べたら、ちっぽけな頑張りだったかもしれない。
だけど、平日の僅かな時間、休日のほとんどの時間を費やし
頑張るに頑張った。
たとえ本命でもなくていいから、何かしら1コはと願った。
でも、応えてはくれなかった。
本命の武器があったから余計だったこともある。

次に新しく実装されるのはこれよりもいいのかもしれない。
自分好みかもしれない。
次は取れるかもしれない。

実装されは求め、実装されは求め...と
そんなやり取りにも正直、疲れた。キリがない。
手に入れては自己満に終わり、数日後には
飽きるというのにも虚しさを覚えてきた。
それがいいという人も当然いるだろう。

このゲームに満足出来ることも今後ないだろうし
ましてや、自分の望んでいたシステムも実装されることも薄い。
何よりも褪せてきた。
他者のレア報告、知人関係の羨望や嫉妬等の感情から
馬鹿馬鹿しいことだが、仕事も含まれるが、ストレスから
ちょっとした胃炎を起こすこともあった。
虫の好かない相手だっていた。
悲しいかな、一つのオンラインゲームを長くプレイしていると
色んな嫌な感情が湧いてくるのは。
だけど、それが人と人が関わりを持つという事。

いずれにせよ、某ゲームが実装されれば離れようとは思っていた。
早かれ遅かれ、今回の事できっかけが出来たまでの話であって
続ける糸も切れてしまった。それまでの繋ぎとしてこれをプレイしていたとの事。
それに、こんな感情を抱いたままプレイするぐらいなら、離れた方が賢明だと。
現状は逃げるようにして、別のゲームをしている。



今後もPSO2は、たとえ自分の欲しい物が出なかったとしても
売買出来るようになったり、自分の本命を直で入手出来る人は
入手出来る、そんな状況で賑わっていくだろう。
どのゲームでも同じことが言えるかもしれないよ?
似たような感情を抱くかもしれないよ?
だけど、このゲームに関しては最後にあんまりにも理不尽過ぎて納得もいかなかった。
ドライバーが不正しているのに警察に見つからず捕まらない事と同じように。



最後まで捻くれた意見だけど、俺がプレイしてきた感想である。

「お元気で」とか「またいずれ会いましょう」とか、そんな言葉はいらない。

ただ一言「ありがとう、お疲れ様。」



スポンサーサイト

2015/08/12 00:00 [edit]

category: 日常・趣味・その他

tb: --   cm: --

プロフィール

twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。